脱毛サロンに通う場合日焼けもダメなんです。

夏を迎えるとこんがりと日焼けした肌にあこがれ、毎日のように肌を露出して歩くという方がいらっしゃいます。
しかし「肌は焼けてもちょっとむだ毛が多くて恥ずかしい」と思い、脱毛にチャレンジしたいという方もいらっしゃいます。
日焼けと脱毛の意外な関係についてお教えします。

■日焼けしたら脱毛サロンで断られた?
実は日焼けをしている人が脱毛サロンへ赴くと「日焼けをしているのでもう少し涼しくなってから来てください」と言われることがあります。
様々な脱毛方法がありますがどこのサロンでも言われます。

■日焼けをしていると肌が耐えられない!
脱毛サロンは日焼けをしている人に差別をしているわけでも何でも無く、日焼けをしたところに脱毛を行うと肌へのダメージが大きくなりすぎるから断っているのです。
日焼けをした肌に脱毛を行ったらどうなることでしょう?
普通の肌に対して行う脱毛よりも痛みが増しますし、なにより乾燥してしまうため肌のケアも普通より入念に行わなければなりません。

■脱毛が終わったら焼こう
夏を迎える前に脱毛を終わらせたいと考えたら夏が終わってから次の夏に向けて脱毛しましょう。
どうしてもやりたいというならば必ず日焼け止めをたっぷり塗ってからお出かけしてくださいね。

自己処理後の保湿ケアは念入りに!

お肌は常に水分を求めています。
自分で脱毛を行う自己処理をする場合には保湿ケアを忘れないことがとても大切です。

なぜ保湿ケアが必要なの?

脱毛サロンで脱毛したときも、自己処理でむだ毛を無くしたときにも欠かせないのが保湿ケアです。
そもそも脱毛やむだけを処理すると言うことはとても皮膚に負荷がかかっています。
カミソリを当ててみたときのことを考えるとおわかりいただけるかと思いますが、毛だけでは無く皮膚の組織を一部は削り取っているのです。

保湿で皮膚の再生を促す

レーザー脱毛も同じで皮膚にダメージを加えています。
そこで皮膚に水分を与えることによって、再生力を高めてあげるのです。
皮膚にとって水分は栄養と言ってもよいぐらい欠かせない存在です。
常に乾燥していてはダメージが大きいというのと同じように、自己処理後の保湿ケアは念入りに行いましょう。

肌を守って美しい体に

むだ毛処理は多くの人が実践しているでしょうが、実際に自分で保湿ケアまで行っているという人は少ないのではないでしょうか。
毎度毎度保湿ケアするのも面倒だからと言ってなおざりにしてはいけません。
自分の体ですから常にいたわってあげてくださいね。
肌もきっと喜ぶことでしょう。

ワキ脱毛の完了までの平均期間

ワキの下から生えてくるワキ毛は夏の大敵です。
半袖やノースリーブになる機会が多くなり、ついつい腕を上げた途端にもじゃっとしたわき毛が見えてしまったら恥ずかしいものです。
実はわき毛は脱毛が一番やりやすい部位と言うことをご存じでしたか?

一番早く終わる

わき毛の脱毛は平均1年ぐらいと言われています。
産毛や毛の薄いところではなかなかそうした短期間で効果を得られることができないことが多いため、わき毛は全身の中でも最も脱毛しやすい場所といえるでしょう。

脱毛サロンで早く終える

わき毛は夏に剃ればよいと思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、脱毛サロンで脱毛してしまえばわき毛の悩みから早く解放されます。
わき毛はメラニンと呼ばれる成分がたくさん含まれており、レーザーを当てて脱毛するレーザー脱毛の最も得意とする部位といえるのです。

夏の開放的な気分に脱毛を

水着になることや思いっきり体を動かして夏を満喫したくなる季節になる前に、わき毛の脱毛はさっさと済ませてしまいましょう。
回数がそれほどかからないことから働いていてとても忙しいという方にもおすすめできます。
脱毛をしてみたいけれどどこから始めたらよいのやらと思っている方は、わき毛から始めてみてはいかがでしょうか。

参考:脱毛サロン 人気